«前の日記(2018年02月09日) 最新 次の日記(2018年11月06日)» 編集

日々をアレコレ


2018年08月22日

ESP32の開発環境構築

ESP-WROOM-32を本格的に使うことになったので、そのための開発環境の構築方法。

Arduino IDEを使う場合

GitHub - espressif/arduino-esp32: Arduino core for the ESP32 に書いてあるとおり。

  1. Arduino IDEをインストールする。
  2. 「ファイル > 環境設定」を開き、「追加のボードマネージャのURL/Additional Board Manager URLs」に https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json を追加する。
  3. 「ツール > ボード > ボードマネージャ」を開く。
  4. 検索フィルタに「esp32」を設定すると、「esp32 by Espressif Systems」が表示されるのでそれをインストールする。
  5. ボードの各設定は利用するものに合わせる。
  6. 「ツール > 書込装置」は「USBasp」を選択する。

書き込み時に、接続待ちになる場合は「Boot/Program」、「Enable/Reset」の順にボタンを押して、「Enable/Reset」、「Boot/Program」の順に放して書込モードにすること。

ESP-IDFを使う場合

基本的にはGet Started — ESP-IDF Programming Guide v3.2-dev-518-g020ade6 documentationに書いてあるとおり。ただし、一部追加あり。

  1. ツールチェインのインストール。僕はWindowsでの開発なので、Standard Setup of Toolchain for Windows — ESP-IDF Programming Guide v3.2-dev-518-g020ade6 documentation このページに従って、MSYSのパッケージをダンロードして利用。
  2. ~/esp/ を作成し、その中に移動して、ツールチェインを git clone --recursive https://github.com/espressif/esp-idf.git でインストールを実行。
  3. export IDF_PATH="C:/msys32/home/user-name/esp/esp-idf" でESP-IDFへのパスを設定。
  4. (追加作業) デフォルトのままだとpythonへのパスが通ってないので、 export PATH="$PATH:/mingw32/bin:/opt/xtensa-esp32-elf/bin" で追加でパスを通しておく。
  5. make menuconfigでシリアルポートを設定する場合はOSの設定に従うこと。

で、開発を楽にするためにVisual Studio Codeでビルド、書込を実行する方法が esp32-devenv-vscode/tutorial.md at master · VirgiliaBeatrice/esp32-devenv-vscode · GitHub で紹介されてた。プロジェクトごとに設定が必要になるけど、こちらのほうが楽っぽいような気はしてる。


«前の日記(2018年02月09日) 最新 次の日記(2018年11月06日)» 編集