«前の日記(2011年03月12日) 最新 次の日記(2011年03月21日)» 編集

日々をアレコレ


2011年03月17日

WindowsXP+英語101キーボードでの設定

英語キーボードにはもちろん「半角/全角」キーなんて言うものはない。デフォルトではAlt+「`(バッククォーテーション)」でASCIIと日本語の切り替えとなるけど、日本語キーボードのように1キーで切り替えたいとなると、レジストリをいじるか、ソフトを使うかになる。家では、X Button Makeを使って、右Altキーを「Alt+`」という設定にして切り替えをする設定にしている。というのも、Windows7 64bit環境では既存のソフトが軒並み使えないという話となって、いろいろ探した結果、これが一番確実で安定しているとなったため。

最近英語キーボードを導入した職場でも同じようにしようと思ったんだけど、職場ではインストールしたソフトが管理されて、フリーソフトである証明をして利用申請が必要。なので、インストール型のソフトはなるべくなら使いたくない。そこで、AltIMEを使うことに。設定は、AltIMEで「高度な設定」を使う方法というページを参考にした。右Altキーだけでなく、CapsLockを左Ctrlキーに、右WinキーをCapsLockに入れ替えてみた。しばらくは、Aの横のCtrlが本当に使いやすいのか試してみるよ。

Tags: pc tool

«前の日記(2011年03月12日) 最新 次の日記(2011年03月21日)» 編集