«前の日記(2010年06月03日) 最新 次の日記(2010年06月06日)» 編集

日々をアレコレ


2010年06月05日

OpenOffice.org Basic

プライベートではMicrosoft Officeではなく、OpenOffice.orgをインストールするようになって、もう2年くらい経つかも。とりあえずインストールはしているだけでなーんにも使ってはいなかったけど、家でのソフト開発のドキュメント作成に最近使い始めた。で、会社では反復作業をマクロ化しているので、OpenOffice.orgでも同じことをしたいと思って、OpenOffice.org Basicについて調べてみたら、ほとんどVBAと変わらなかった。条件分岐とかループ構造とかそのまんま。これなら一から習得する必要もないのでいいな。

ケーブルボックスを作ってみた

ケーブルボックス外観 無印良品のCD用ダンボールボックスでケーブルボックスを作ってみた。僕の設置場所の問題でもう少し奥行きが狭い方が望ましいんだけど及第点かな。FOMA用充電ACアダプタとeneloop mobile booster充電用ACアダプタが常時入っているけど深刻なほど発熱はないと考えて、放熱についてはあまり考えていない。

ケーブルボックス内部 中はこんな感じ。幅が370mmあってかなり広くて、普通の6口タップも余裕で入るし、もう少し大きいタップでも問題なく入りそう。この写真を見てもらうとわかりやすいけど、本来は箱の中に折り込んで2重にする部分を、端15mmに切り込みを入れて折り曲げてをふたにしている。

電源ケーブルの逃がし方 タップの電源ケーブルはこんな感じで側面下側に20mm×30mmの穴をカッターで開けた。プラグの形状にもよるけど、幅30mmくらいないとケーブルを通すことができないので要注意。

Tags: photo

ようやく解決かも?

Windows+英語キーボードだと日本語入力の切り替えが「Alt+`」となり、日本語キーボードのように1キーで切り替えができない。長年、ATOKを使ってきているのでIMEのON/OFFの切り替えはあまり行わず、IMEをONにした後は「変換」キーを使って半角/全角モードの切り替えを行ってきていた。で、XP 32bitを使っている間はAltIMEを使って、日本語キーボードの「変換」キーと似たような位置にある「右Alt」をIMEのON/OFFの切り替えに割り当てて同じような状態にしていた。Windows7 64bitを利用するようになり、普段使っているブラウザやエディタなら問題ないけど一部のソフトで切り替えができずに普通の「Alt」キーと同様の動作をするようになった。最近、そんなソフトが増えてきたので対策を探してみると、X Button Maker(Vector)」を発見。とりあえず問題なく動いているようなのだ。設定は、右Altを「Alt+`」となるように割り当てただけ。

Tags: pc

«前の日記(2010年06月03日) 最新 次の日記(2010年06月06日)» 編集