«前の日記(2010年05月08日) 最新 次の日記(2010年05月11日)» 編集

日々をアレコレ


2010年05月09日

久しぶりに料理

簡単な料理を作った。食事ではなく、何かと一緒に食べる付け合わせのようなもの。作ったのは肉味噌と鶏ハム。肉味噌は、すっかり我が家の定番で、野菜につけて食べたり、お茶漬けにしたりして食べている。ここしばらく作ってなかったけど、それなりにうまくいったはず。鶏ハムも僕の中では煮豚に並ぶ定番メニュー。単品で食べてもおいしいし、サラダとして食べるのもよし。簡単とは言わないけど、手間が大きいとはいえない、ちょうど良い手間加減が料理をしている実感を持たせてくれる、楽しい料理だ。これからこういう時間をまた作りたい。

やる気そがれた

iTunes Agentなるソフトを最近知った。iPodやiPhone以外のデバイスの楽曲管理をiTunesでできるようにするソフト。僕がiPhoneで音楽を聴く理由がiTunesで楽曲管理ができるというのが大きいからで、どうせBluetoothで音楽を聴くのなら他のデバイスでもいいはず。というか、iPhoneだとA2DPに完全対応していないので、対応しているデバイスがあるのならそっちの方がいいはず。ということで、HT03-aで音楽を聴くことに決めて、自分で作ったWifiの状態、サイレント設定の切り替えをするソフトに、Bluetoothの状態を設定できる機能を追加しようと久しぶりに家でeclipseを起動。レイアウトを作成して、Bluetoothの設定を取得するAPIを書いたらコード補完の候補に挙がらない。あれ?と思って調べてみたら、Bluetooth関連のAPIは2.0からだったよorz。ということで、HT03-aのOS、早くアップデートしないかなぁ……。マルチタッチなんてどうでもいいからさ。

基準は統一されていないと意味がない

2月に会社の健康診断で、加入している健康保険組合の提携病院へ行ってきた。いろいろと悪いところがあった(特に体重とかその辺がやばい)んだけど、中でも血液検査の中でも肝機能に関するところが要再検査となっていた。なんとなく気にはとめていたけど検査に行くなんてことは考慮していなかった中、検査を受けた病院から再検査を受診するようにという案内が届いた。人事に確認したところ、再検査は必ず受けるようにと言われたので、今度検査を受けに行くことに決まったのが前の木曜日のこと。それとは別に、心療内科で処方されている薬の影響を調べるために4月の終わりに血液検査を受けていて、その結果をこの間の土曜日の定期診察の際に受け取った。結果表をもらう前に、気になることはないかと主治医に訊かれて、健康診断で異常値が出た肝機能の再検査を受けに行くというような話をしたら、4月の血液検査の結果では問題ないとなっているから大丈夫でしょう、という返事をもらった。

というのが前提で、2月の健康診断の結果と4月の血液検査の結果それぞれの肝機能に関する部分を見比べたら、少しびっくりしてしまった。それぞれの結果だけを見れば、確かに2月の結果は異常値で4月の結果は正常値だし、数値だけを見比べるなら2月から比べると4月の結果は改善というか回復というか、良くなっているとは思う。問題は、それぞれの結果表に書かれた正常値の判断の値。2月は「x以下」、4月は「y〜z」(y<x<z)とあって、2月の結果をa、4月の結果をbとするならば、すべての基準値と結果の値の関係は y<x<b<z<a となっていて、2月の健康診断での判定を用いるなら現状はまだ異常値となる。ここでわいてくる疑問が一つ。2月と4月の検査は検査項目は同じだけど検査手法が違うために基準の判断が異なるのか、それとも、検査手法は同一だが2月の検査では小さな以上を見逃さないために厳しめになっているのか、いったいどちらなんだろうか?後者の場合はまだいい。ただ、前者の場合だとあんまり検査の意味がないような気もする。というか、そこに医者の判断が入るのか?という疑問が出てくる。検査を受ける人間としては、そのあたりもきちんと説明して欲しいものだ。


«前の日記(2010年05月08日) 最新 次の日記(2010年05月11日)» 編集