«前の日記(2007年10月09日) 最新 次の日記(2007年10月11日)» 編集

日々をアレコレ


2007年10月10日

スタックとヒープ

スタックは静的な変数の置き場所。ローカルな関数とか関数へのリターンポインタとかも置かれる。そんなにサイズが大きくないので、あまり多用しないこと。

ヒープは動的な変数の置き場所。mallocとかnewとかをするとここからメモリを確保する。

staticな変数とかグローバルな関数はスタックにもヒープにも置かれない。

なんとなくで話をしていたら、初心者にうまく説明できなかったので改めてメモ。

ポインタなしでアプリケーション

ポインタって、わからなくてもアプリケーション作れてしまうんだよな。特にパソコン系のアプリケーションだと。同僚のソースを見ながら、自分もわかっていなかったなぁ、としみじみ思った。僕も、プログラムを作り出した当初はポインタを使う意義がわからず、ポインタなんて一切使わなかった。mallocって何?、newって何、という感じ。なんで関数の戻り値や引数がポインタなのかもわからなかった。僕は運良く、ポインタを多用するプロジェクトにいたので、その便利さに気づくことができたけど、使わないでいられる環境もあるんだね。

これはない

期待していた働きマン、ちょっとついて行けない。マンガの「語り」の部分がウザい。なんだろうな〜、原作に思い入れが強いとやっぱダメなのか?

Tags: tv
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
李徴 (2007年10月10日 23:08)

もちろん、言わんとすることはわかるけど、「静的な変数」と「staticな変数」て同じ語義になってしまう、とツッコミ。どう言えばいいのかな?

shaga (2007年10月11日 21:36)

「静的な変数」ではなくて「『静的な』変数の置き場所」のつもりで書きました。けど、そう読めてしまいますね。


«前の日記(2007年10月09日) 最新 次の日記(2007年10月11日)» 編集