«前の日記(2007年09月16日) 最新 次の日記(2007年09月18日)» 編集

日々をアレコレ


2007年09月17日

AWSの基本

データはXMLで渡されるので、XMLの解析が必要。RubyではREXMLというライブラリを使えばXMLの解析は簡単らしい。まずは、XML+REXMLの勉強からかな。

BONNIE PINK2007 TOUR "Thinking Out Laud"@フェスティバルホール

行ってきました、人生初ライブ。とりあえず、BONNIE PINKが小さい。あんな小さいのにどこからそのエネルギーが来るんだろうってくらいパワフル。

席は真ん中よりも少し後方、やや右より。顔はギリギリ見えない感じなのが残念。でも、音響設備が充実しているので、音の聞こえ方は場所による差異はなかったんじゃないのかな。というか、音量でかすぎで、耳が痛いくらい。

演奏された曲は新曲からデビュー曲まで盛りだくさんで、知っている曲ばかりで最後まで飽きることなく楽しむことができた。しかも、お気に入りの曲が多かったのはポイント高い。また行きたいと思えるライブだった。次は、Coccoにねらいを定めている。

ライブ中、というか、ライブ前から気になったのが、隣りのおにーさんのリズム感の悪さ。ライブ前から足踏みをしているんだけど、スピーカーに流れる音楽に合ってない。ライブが始まって体を揺らすけどやはり合わない。ただ、手拍子だけは周りに合わせるから余計に不自然。気がついたら、視野に入らないように立ち位置を変えてたよ。

Tags: live music

いつから「アーティスト」が一般化したのか

今日のライブでBONNIE PINKが自信のことを「ミュージシャン」と言っていた。その言葉で思ったのが、いつ「歌手」のことを「アーティスト」と呼ぶようになったのだろう、ということ。「シンガー(歌手)」、「ミュージシャン(音楽家)」でいいはずなのに、なぜ「アーティスト(芸術家)」なんだろう。

昔聞いたことあるのが、誰かが歌うだけでなく自身の曲の作詞をするようになり、歌と詞による2つの表現領域を持つことから「アーティスト」という呼称が生まれたとか。うさんくさいよな、と思う。あくまでもメインの表現領域は音楽が必須だというのに、作詞もまた表現領域と数えるところがうさんくさい。そうやってかさを増やさないとアイデンティティが不足しているのか、とツッコみたくなる。

それならば、堂々と「シンガー」や「ミュージシャン」を名乗ればいいだろう。それはまがいもない事実なのだから。

Tags: music word
本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
licheng (2007年09月18日 08:58)

その論理だと、ストーリーと絵という2つの表現領域を持つマンガ家こそアーティストというべきな気がします。通常はこの2つを兼ね備えることが必須ですから。 でもiPodの英語メニューでも「artists」となってるので、和製用法というわけではないようですね。

shaga (2007年09月18日 20:23)

適した固有名詞があるにもかかわらず、ぼかした表現をするのがなんとなく気に入りません。なんとなく高尚に見えるから、という理由が見え隠れしているのもまた気に入らない理由ですが。

李徴 (2007年09月18日 23:52)

僕的には、「音楽にあらずんばアートにあらず」なように聞こえるのがむしろ気に入りません。僕は絵描きなので。(絵描きをアーティストとはあまり言いませんよね。)


«前の日記(2007年09月16日) 最新 次の日記(2007年09月18日)» 編集