«前の日記(2007年05月09日) 最新 次の日記(2007年05月11日)» 編集

日々をアレコレ


2007年05月10日

どうしてプログラマに・・・プログラムが書けないのか?

僕はこの影響をもろに受けました。というのも、もっとソフトウェアに関する仕事がしたいと上司に訴えかけたときに返ってきた答えが「面接でプログラムが書けるとか言って、できた人がいた試しがない」というものでした。なので、僕の仕事はソフトウェアの開発から縁遠いものとなった。はっきり言うと、一部というか大部分のできない人のせいで残りのホントにできる人間をつぶされているというのも事実なのだ。なので、是非ともプログラマの試験はやって欲しいものだ。

今まで、いろんな所へ面接に行ったけれど、1社しかプログラミングテストは実施していない。ということを考えると、採用する側は何をもって僕のソフトウェアエンジニアとしての資質を見出そうとしているのかが謎と言えば謎。職務経歴をきちんと信じてくれているのだろうな、と思うしかない。僕は嘘がつけないから正直に書いているけれど、やっぱり派手に書いている人って多いんだろうなぁ。

モテモテ

なんていうか、おじさん達にモテモテだ。僕のような人間にどこに惹かれるのかが一切わからない。なんでそんなにすぐに囲い込もうと思えるのかが怖い。僕は並みの人間ですよ?そんなに期待してもらっても何も出ないかもしれませんよ?僕なんて、はったりで仕事しているところが大きいですよ?まー、相手が小さいおじさんだからなぁ。本音を言えば、大きいおじさん達にもてたい。きちんと評価されたい。その辺が難しいんだよねー。


«前の日記(2007年05月09日) 最新 次の日記(2007年05月11日)» 編集