«前の日記(2006年11月17日) 最新 次の日記(2006年11月20日)» 編集

日々をアレコレ


2006年11月19日

久々にCD購入

少し気分が良かったので買ってみた。

Tags: music

元気を分けてもらった

友人と会ってあれこれ話して、先週末からの鬱から立ち直れたような気がする。当初の目的は果たせなかったけど、美味しいご飯と美味しいお茶に加えて、楽しい会話に非常に満足。来週も元気を分けてもらえそうだし、しばらくは大丈夫かな?

iTunes7のUI変更は改悪だと思う

iTunes6からiTunes7になってCDのインポートボタンを見失ってしまっていたけど、今日ようやく発見することが出来た。でも、これってUIとしては気に入らないな。ボタンの位置が変更されるって言うのはよほどのことが無い限りしちゃいけない。以前の操作方法で慣れている人間がついて行けなくなるから。しかも、目立たない位置への変更だし。UIにこだわるAppleらしくない、なんて風に思ってしまう。

Tags: pc music

情報整理

最近、やじうまWatch経由で得た情報を整理しておく。

「水からの伝言」を信じないでください

実験をしたり、数字を出せば科学だと考えるのは非常に危ないことだと思う。「水は答えを知っている」と同様にいかにも真実であるかのように非科学的な話をするのは良くない。こういうものは世の中から排除されるべきことだ。

オーストリー大使館商務部

音楽で有名な「オーストリア」が「オーストリー」と日本語での呼称を変更するとのこと。果たして浸透するまでいつまでかかるやら。

線を引くだけで簡単にかけ算を解く方法

おもしろいやり方だと思う。といっても、筆算を可視化しただけなんだよね。

Tags: news
本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]
H (2006年11月20日 07:55)

「水は答えを知っている」→確か、水に話しかけてから凍らせると、話しかけた言葉に対応した形の結晶ができる、という内容でしたね。「この形はこの言葉に対応している」と言い切るところが科学でも何でもないと思うのですが。主観でしか無いような…。

李徴 (2006年11月20日 13:31)

変更するならなぜ原音に近い「エスターライヒ」じゃなくて、原音でも英語音「オーストリア」でもない「オーストリー」なんだろう? 

shaga (2006年11月20日 19:30)

>Hさん<br>パナウェ○ブ研×所のように有無を言わさず断定するものは「科学」とはならないようですが、「実験」を行いその結果を「解析」するだけで「科学」となりうることが多いようですね。ゲーム脳とかも同じで、実験そのものが破綻していて、最初に結果ありきの解析では「科学」ではないはずなんですが、なかなか理解できない人が多いみたいです。<br><br>>李徴師匠<br>今とそんなに変わらないんだけど、「オーストラリア」との混同を避けるためじゃないですね?原音だと「オーストリア」で教わった人間が認識できないだろうし。

H (2006年11月20日 21:27)

>最初に結果ありきの解析では「科学」ではないはず→あまり深く考えたことはありませんでしたが、科学を科学たらしめているのは「再現性」と「万人が納得できる論理」ですかね。後者が曲解し易いのが科学的と非科学的の混同を招く原因でしょうか。

Kつい (2006年11月24日 03:23)

今日本屋でみかけました>「水はすべてを知っている」<br><br>水道水より天然水のほうが、きれいな結晶というのはありえなくもないのでまだ許せるとしても、「ありがとう」というラベルをビンに貼ったら結晶が美しくなり、「馬鹿やろう」と貼ったら汚くなったとかいうあたりでは軽い怒りを覚えます。 <br><br>適当に取った写真を恣意的に選んで並べてるとしか思えない・・・<br>文面にも濃い宗教色を感じました。

りん (2007年06月09日 11:08)

「ありがとう」と「ばかやろう」の話は本当らしいですよ。

李徴 (2007年06月09日 20:43)

>「ありがとう」と「ばかやろう」の話は本当らしいですよ。 <br><br>小学校からやりなおして論理的、科学的思考力を身につけてください。<br>そういう非合理的思考には怒りを覚えます。

shaga (2007年06月09日 21:31)

>りんさん<br>信じる信じないはあなたの勝手です。しかし、あなたのような人が日本の教育のダメさを象徴していることは自覚した方がいいです。

さくらだ (2007年06月09日 22:06)

今の科学で何でもわかるとは言いませんが、私たちの先祖たちの莫大な努力と探求を無視する姿勢は、人間としてもいかがかと思いますね。


«前の日記(2006年11月17日) 最新 次の日記(2006年11月20日)» 編集