«前の日記(2006年03月19日) 最新 次の日記(2006年03月21日)» 編集

日々をアレコレ


2006年03月20日

寿司ネタ

電車の中で近くにいた女子高生3人組の会話が聞こえてきた。一人が今度デートで海遊館に行くらしい。水族館で見るべきものとして彼女たちが挙げたものは、マグロ、ヒラメ、アナゴが最初に出てきた。おいおい寿司じゃないんだから、なんて思っていると一人が「お寿司しか思いつかない」と。一人笑い出しそうになっちゃったよ。それから出てきたのが、ジュゴンとかアザラシとか。結局ジンベイザメは出てこない。アレが海遊館の目玉の一つなのに。

あと、ゴマフアザラシを「ゴマアザラシ」と呼んでいた。いくら「ゴマちゃん」が有名だからって。間違えた認識を与えるのはやっぱり罪だと思う。

Tags: neta

原因と結果

いろんなところで起きている情報漏洩事件、原因と結果が曖昧に報道されているのが一番の問題なんじゃないかな、と思う。報道では「Winnyを介して情報が漏洩した」とだけ言って、あとはどんな情報が漏洩したのかを伝えるだけだ。これだと、Winnyを利用したことで情報が漏洩したかのように感じる。しかし、実際にはWinnyを利用したことは要因の一つではあるけれど原因とは言い難いはず。何が原因でそうなったかを正しく伝えなければ、同様のことが再び起きることになると思う。

まず、Winnyを介した情報漏洩が起きた要因には次のようなものがあると思う。

  1. 業務で利用する情報を持ち出す。
  2. 業務で利用する情報を扱うパソコンにWinnyをインストールしている(必須)。
  3. Winnyなどによってネットワーク上からウィルスを含むファイルをダウンロードし、そのファイルを実行している(必須)。

1については、必ずしも必要ではない。ただ、持ち出して個人使用のパソコンで扱い、そのパソコンにWinnyがインストールされているために発生していることが多い。2については情報漏洩という結果を生み出すために必要な要素ではある。しかし、Winnyをインストールしているパソコンで業務利用するを扱うと情報漏洩が必ず起きるかと言えばそうでもない。一番の問題なのは3なのだ。

3を操作を行うことでパソコンはウィルスに感染して、パソコン内のファイルがWinnyを介して公開されることになる。その公開されたファイルの中に業務で利用するものがあり、結果として情報漏洩になるのだ。決してWinnyがすべての悪であるという訳じゃない。

もちろん、Winnyを利用しないというのも問題の回避策としては有効である。しかし、それはしばらくの間問題の発生を抑える効果しかない。きちんと今回の問題がなぜ起きたのかを伝えて、パソコンを扱う上で気をつけるべきことを伝えていかなければ、同様の問題が再び発生することになるだけだと思う。

Tags: pc news

ずびずばー

鼻うがいの効果もほんの10分ほどでなくなるくらいに鼻づまり。こりゃ本格的に花粉症か?

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
李徴 (2006年03月20日 23:42)

会社のパソコンにWinnyをインストールするなど論外。たとえ業務時間外に使用したとしてもそれは盗電です。<br><br>私物のパソコンでWinnyを利用するのは自己責任。でも(自戒を込めて言いますが)、個人情報や機密情報が一つでも入ったPCでWinnyのようなファイル共有ソフトは使うべきでないと思っています。<br><br>Winnyの技術じたいは悪ではありませんが、人の性は悪です。①事実上完全犯罪が野放しになっている。②とりかえし不可能な過失を招いている。という2点からしてWinnyは社会悪だと思います。<br><br>パソコン使用者の大半は素人です。そしてウイルスの手口は次々に巧妙になります。そしてなにより、人の性は悪です。


«前の日記(2006年03月19日) 最新 次の日記(2006年03月21日)» 編集