«前の日記(2005年11月07日) 最新 次の日記(2005年11月09日)» 編集

日々をアレコレ


2005年11月08日

「スタンダード VisualC++」常岡 伸二 著

会社の帰りに必要を感じて購入。

実は、非MFCで、非.NETなVC++のプログラミングができないのだ。そもそもプログラマとしての経験がかなり少ない。今の会社に入るまでは、perlやPHPでお遊び程度のプログラミングをしてきたくらい。大学時代にはCでそれとなくプログラムを組んだこともあるけど、先人の残したソースを読んで必要な場所のみを改造するという、コーディングしたとは言い難いものだった。それが、現在の会社に入ってプログラマに転身。最初は研修と言うことで、適当な言語で適当にプログラムを作るというかなりお気楽なもので、プログラミングそのものに慣れていった。しかし、最初に与えられた仕事というのが、取引先が作っているMFCなプログラム作成のお手伝い。右も左もわからないまま仕事をする中で、C++やMFCの基本をたたき込まれて、1年半ほどその会社を中心に仕事してきた。

で、気がつくと、Win32なプログラミングをしていなかった。しかも、今度やるかもしれない仕事では、MFCや.NETではなくWin32で作った方が効率が良いのかもしれないので、とりあえず入門書を読んで勉強することに。この本は、Win32の本と言うよりも、VisualC++全体の入門書で、途中からはMFCを使ったプログラミングが中心となっているけど、Win32のこともそれなりに詳しく書いているので、勉強にはなるかな?と思う。少しずつ読み進めていこう。


«前の日記(2005年11月07日) 最新 次の日記(2005年11月09日)» 編集